南極北極ジュニアフォーラム2012

今日は国立極地研究所にて実施された「南極北極ジュニアフォーラム2012」に行ってきました。

このフォーラムは「南極または北極で実施したい研究や実験・調査の提案を募集」したコンテスト(第9回中高生南極北極科学コンテスト)で入選された中高生が、入選課題を発表する場でした。
今年は全国27校から412件もの応募がコンテストにあったそうです。
南極、北極で実験可能な提案の中からそれぞれ一つずつ選ばれ、それらの提案は実際に南極と北極で研究者らが実験または調査をしてくれます。
自分たちが描いたプランが、研究者の手によって形にされる・・・・なんとも探究心をそそる企画ではないでしょうか。

今年で9回目を迎えるこのコンテストは、ちょうど夏休み期間をはさんで9月の上旬が締切となっており、夏休み中の課題にもぴったりなコンテストではないかと思います。
ぜひ、来年は私も身の回りの学校に告知して、参加する生徒が増えたらと思っています。
興味のある方は国立極地研究所のHPをチェックしてみてください。

中高生の発表はどれも、斬新な発想もさることながら論の展開もよくできていて感心してしまいました。
日頃の授業だけではなかなかここまで、試行錯誤をした上で結果を検証し、考察をする機会は少ないと思います。こういった学びの場があるのは理科だけに限らずほかの分野にも生かせるチカラになり、良い経験になるでしょう。これからも、中高生向けのこういったコンテストが存続していくことを願っています。

そして、今日は各学校の先生方とお話しする機会もあり良い時間が過ごせました。
先生方曰く、生徒たちとこのような活動ができるようになったのはある程度教員生活が安定してからだねと。
なかなか最初のうちはあれこれやっててできなかったという意見をいただきました。
確かに、会場を見渡しても中堅くらいの先生方ばかりだったような・・・。

まだまだ私もこれから!フットワークが軽いうちに模索して頑張ろう。
c0264306_22214799.jpg



【南極出発まであと2日】 準備は・・・・万端? いや、不安(笑
[PR]
by oshoro-aya | 2012-11-23 22:42
<< 出発一日前 しらせ出航!&ブログ開設 >>